Langsung ke konten utama

Nagahama Neru 6th September 2017 “19 years old, 232”

Translate & QC ft. Varianth

---

こんばんは。 // Good evening

9月4日に19歳になりました! // I turned 19th on the 4th of September!
19歳、、、// 19 years old...

はたちの一歩手前です。// Just one year to 20 years old
う〜、なんてもどかしい年齢や。// Uwa~ 20 couldn’t come sooner

TAKAHIRO先生もおめでとうございます! // Happy birthday to Takahiro-sensei too!
誕生日を一緒にお祝いし合うことができました( ◜࿀◝ ) // We could celebrate our birthday together



ここまで育ててくれた両親、// My parents, who up until this point have raised me,
人生で関わって下さった全ての方々、// Everyone who has been involved in my live so far,
本当にありがとうございます。// Thank you very much




あの、今日のブログは // Um, today’s blog is a bit
ちょっと、直接的な表現や言葉が多くて // Frank in expressions and words
読みにくくなってしまったかと思います。// So it might be hard to read
自分のことばかり書いてしまったし、申し訳ないです。// Because i’m just going to write about myself, i apologize in advance






1年前の誕生日に更新したブログを読んでみたら // Reading my birthday blog a year ago,
思考が全然変わっていました。// I realized how much my way of thinking has changed

根底の部分は変わってないはずなのに、// The foundation of it hasn’t changed,
なんというかこの1年で弱っちくなったのかもしれない。// But i think that it has weakened this past 1 year



正しくは // Surely
弱い自分やはじめましての自分に// the weakest me that I’ve
自分史上最大数出会った1年でした。// ever met in my whole life was who I met this year.





去年の今頃、ひらがなけやきは // Around this time, last year,
まだ本格始動前のレッスン期間でした。// Hiragana Keyaki hadn’t even properly start our lesson yet
そう考えるとこの1年は本当に濃い。// When i think about that, this year has been a strong year for us


初のワンマンライブ // First one man live,
紅白歌合戦 // Kouhaku Uta Gassen,
ひらがなけやき全国ツアー // Hiragana Keyaki National Tour,
1周年ライブ // 1st Anniversary Live,
ドラマ // Drama,
欅共和国 // Republic of Keyaki,
夏の全国ツアー、、、// Summer National Tour….


この一年間の大きな催しだけでもこんなに。// All these big events in only one year
フロントを務めさせて頂いた事も刺激的で。// To be allowed to stand in the front row encourages me too


駆け抜けてきたら知らぬ間に // While I was running and before I noticed,
心の経験値が100年分くらい上がっていました。// I experienced a 100 years worth of experiences





自分に何が足りないのか // What’s is missing within me?
自分のどこが駄目なのか // Which part of yourself is lacking
欠点、短所、弱み、// My faults, my failings, my weaknesses…


周りから見るともっと多いかもしれないけど。// Although it might be seen more from the outside,
毎日一番一緒にいるんだもん、私も知ってるよ。// I’m the only one who’s with my own self the most, so I know.





心の中に脆くて弱い自分がずっと同居していて。// I live with my fragile, weaker part of myself inside my heart
その子が制御できなくなったりもしました。// I could not control that girl
悔しいし悲しいけど //  It might be hard and frustrating but,
もう一人の自分に抗えなくなるんだ~ // I must stand up against the other me~


自分の知らない自分、自分の嫌いな自分、// The me i don’t know, the me i don’t like,
といっぱい対面しました。// I will confront her a lot




どうしようもなくなってしまった時も // When i am lost,
救ってくださったのは皆さんであり、// There is always someone who saves me,
メンバーであり、スタッフの方々であり、家族でした。// A member, a staff member, or a family member,
それと、多くの歌でした。// And many songs too



皆さんのお言葉に、// To put it to your words,
こんな自分でも好いてくださる方がいるんだ。// “There are people willing to come with me on the journey”
とふと我に返ることができたし // It could be applied to me

私は好きだよ。大切と思ってるよ。と // “I like myself, so you should also like yourself”
節々に伝えてきてくれるメンバーがいて。 // There are member who would tell me that




何度も持ち堪えることができました。// I was able to endure so many times
今も自分と戦い続けてたりします。// I will continue to fight myself even now






だけど、それって自分だけじゃなくて。// But, that’s not just me,
皆さんも毎日、// Everyone too,
それぞれがそれぞれとの戦いの日々を過ごしていて。// Everyone fighting their own fight day in day out.

生きてるだけで大変で。// Living is something hard to do
生き続けるってことを頑張っていて。// So we can continue to live, we must continue to fight

当たり前のことだけど、// Althought it might be something obvious,
そう思うとなんだか自分も頑張ろうって思えて。// When i think like that i think that i should also try my best

ふくれっつらして待ってても // Because if you are just standing and sulking,
誰かが褒めてくれるわけじゃないからね。// No one is going to come and praise you
自分で自分を肯定して、少しずつね。// Understand yourself little by little,
進んでいきたいわけでして。// And continue to move forward





19歳が何言ってるんだって感じですけど。// Though it might feel like “What is this 19 years old talking about?”
本当に、何言ってるんだ。だよね。// Really, what am i talking about. Right?



浅はかな人生経験ながら思うことは // Though my living experience is still short,
生きるってことが1番大切だということで。// I think that living is the most important thing

生きていればどうにかなるから。きっと。// Because by living, things will work out somehow. Surely.





16歳でオーディション受けて、// I auditioned when i was 16 years old,
あっというまに19歳。//and in the blink of an eye i have become 19 years old.

永遠に続く時間じゃありません。// Time is not something that will last forever





だからね、やってやるのです。// That’s why, i want to do it.
もっとやりたいって思っているのです。// I want to do more things.


強気な発言は怖くなっちゃうけど、// I’m afraid to say something strong,
口から出すってことは // Because as soon as the words leave my mouth,
その瞬間に責任が生まれるわけでして。// I’m responsible for what happens.

自分に負荷をかけてね。頑張るのよ。// I’m putting a burden on myself. I will work hard



(はあ~こんなに言い切っちゃって大丈夫か) // (Ah~~ Will it be okay to say something like this so strongly?))



にしても!!この一年は、// Even so! This whole year,
沢山、素敵な素敵なお仕事をさせて頂きました。// I’ve had so many priveleges working in this wonderful amazing job.

新たな大切な出会いもあったし、// I’ve encountered so many new important things.
自分の目標も叶ったり、// my own objectives have been met
新たなやりたい事もできたりしました。// the new things I wanted to do, I did.



欅坂の楽曲を広く届けたい。// I want to spread Keyakizaka songs around as far as possible.
長崎に貢献したい。// I want to contribute to Nagasaki
全国の中高生と悩みや考えを交し合いたい。// I want to be able to understand the thoughts and worries of the middle school and high school students across the country.
いろんな土地に赴きたい。// I want to break new ground.



もっともっと大きな夢も、// The dream gets bigger and bigger
こっそりと胸に抱えつつ // and secretly I’ve been carrying it for some time now
今年一年間、更に精進して参ります。っしゃ。// This year, for a year, I have to diligently move forward again.





気が向いたらで構いませんし、 // It doesn’t matter if you don’t feel like it
たまーにでも大丈夫です、// Once in awhile it’s ok.
もしよかったら, // If possible,
これからも見ていてくださいませんか。// Would you please keep watching from now on?


そういう人間になれるように// In order to become that kind of person,
日々活動していきたいです。// i want to work hard everyday




こんなに自分のことだけ書いて、申し訳ないです。// I’m sorry, that I only wrote about myself (in this blog)




最後までお読み下さりありがとうございました。//  Thank you for reading until the end
長濱ねる // Nagahama Neru

Komentar

Postingan populer dari blog ini

To all the fans who supported me (Shida Manaka 16th November 2018)

久しぶりです。 // Long time no see.


オフィシャルサイトでも発表があったように、欅坂46を卒業します。! // As announced in the official website, I will graduate from Keyakizaka46!


今年の初めの頃から卒業を考えていて、それを話したところ、精神面の休養、考える時間として休業という形にしてくださったスタッフさんには感謝しています。 // I’ve been considering this since the beginning of the year, and I am thankful to the staff who gave me the time to take a mental break as well as the time to think about it.



長期の休みをいただき、戻ってくれば?など声をかけてくれたメンバーとスタッフさんがいて、それでもその言葉に返答することができずに、長い時間が経ってしまいました。 // During my break, there were members and staff who invited me to come back, and without being unable to answer their call to return, a long time has passed.



ずっと辞めるか続けるかという考えを行き来して。 // My mind kept going back and forth between returning or not.



夏の新潟公演も実は観に行ったり、リハーサルを観たり。メンバーの楽屋に行って話したり、。 // Actually, I went to the Niigata performance in the tour this year, watched the rehearsal, and went to the dressing room to talk with the members.

メンバーもスタッフさんも休む前と全然変わらず沢山笑わせてくれました。笑 // They and the staff made me laugh a lot, just as the…

Neru-chan (Moriya Akane 8th March 2019 blog)

Translated with ariadne32391

---

こんばんは// Good evening

本日、大切で大事で大好きなメンバー、長濱ねるの卒業発表がありました。// Today, an important and beloved member Nagahama Neru announced her graduation.

応援してくださっているみなさんもお辛いと思います…// I think everyone who is supporting us is hurting...
私自身もこの現実を受け止めるのに相当時間がかかりそうです。。。// I, myself, took a lot of time to accept this reality...
発表される日が来なければいいのに。時間を巻き戻せたらいいのに。話を聞いた時も夢であって欲しいと何度思ったことか。// It would have been better if the announcement day didn't come. It would have been better if time could rewind. When I heard about it, I thought many times please let this be a dream.

ねるちゃんは// Neru chan is
人が良すぎるくらい性格がよくて、あんなに気を遣える子いないよってくらい仲間想いで本当に心の優しい、近くにいても尊敬する存在でした。 // A person who has a personality that's too good to be true. She has a very kind heart that thinks about her friends, a very considerate person like no other. Even though I'm close to her, she's a presence that I respect. 
このブログを書きながらも、涙がぽろぽろ落ちてきます。// My tears are dropping down as I write this
今は一緒にいる時間もあるけど…こうし…

Hinatazaka, 338 (Nagahama Neru 26th March 2019 blog)

Translated with ariadne32391

-----

こんばんはー!// Good evening!


今日の東京は晴れでした!// Today it was sunny in Tokyo
春の天気だった!// It was a spring weather
ぽかぽかしてて気持ちまで穏やかになりました。🌸// It was nice and warm and it made me feel warm.


先日ね// Yesterday
あれ、ここ前によく行ってたな〜という場所に//  I happened to come across
偶然出くわしたのですが、// a place that I often go to before

東京にも// Even in Tokyo
懐かしいと感じる場所ができたことに気づいて// I noticed that there places that I feel nostalgic about
なんだか嬉しいような切ないような気持ちになりました。// Somehow it makes me happy and at the same time it makes me sad.


東京で生活してるんだなー。🤔// I’m really living in Tokyo



明日は// Tomorrow is
日向坂46のデビューシングル、// Hinatazaka46 debut single
「キュン」の発売日です。// 「Kyun」’s release day.



ちょっとだけ(いやとても長くなりそう)// Just a little (No, I think it will become quite long)
自分のことを書いてみたいな〜と思うので、// I think I want to write about myself
お時間ある時にお読みいただければ、と。😌// When you have time, please read it


私は2015年にひらがなけやきとして// In 2015, as Hiragana Keyaki,
アイドルになりました。// I became an Idol.


1人でのグループ、// It was a one-person group
私の加入と同時に新メンバー募集、// …